店内での出来事など

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://yokohama.areablog.jp/ariel

ローマ歌劇場:「椿姫」 AT 東京文化会館

ローマ歌劇場:「椿姫」 AT 東京文化会館
公式サイトはここ
https://www.nbs.or.jp/stages/2018/roma/latraviata.html

まずはスタートは、オケもソリストも本調子ではなかったので
どうしようかと思ったが、すぐに慣れました。
オケは音がどうということはないのですが、確実に歌っている。
これは久しぶりの経験でした。
本当に音がどうというのではないんですよ、しかし歌に確実の寄り添っている。
これは事実。すごくきれいでした。
ソリストはヴィオレッタのフランチェスカ・ドットは写真よりも
実物の方が可愛い。これは良いことなんだが、この役としては健康的すぎる感もある。
でも
精一杯の声を出していたので、どんまいです。

ただ、もう少し、舞踏会のシーンなどは
舞台が揺れるくらいの方が私は好みですねえ。イタリアとすると
おとなしい感じがしました。

衣装はまあ予想通り。

セットは
舞踏会の会場まで降り立つ階段って
どんな構造をしている家なのかと、終始考えてしまった。

第一幕の終わり、フランチェスカ・ドットは演出なのか、たまたまなのか、分からないけど、
つまずいたのは、アルフレードのところにそのまま向かいたくはないのか?と
考えてしまった。そうなんですよ、あの階段の上にいるという構造。

上でアルフレッドが待っているというのもおかしいでしょう?しかし、堂々と会いに行く感があった。

第二幕、第一場はイメージとは違った空間でした。
しかし、パパジェルモンは、威厳があったし、素晴らしいと言えるものでした。
侍女の衣装は良かったかな。アルフレッドは、アントニオ・ポーリ、太ってません?
という程度。第3幕で歌唱の方は良くなったという感じ。
次回からは大丈夫では?
でも、アルフレードの、あの衣装では、少しやぼったい。パパジェルモンはいい感じでしたけどねえ。
まあそんな幕なので仕方ないという感じはします。
しかしオケは相変わらず歌っていたなあ。

第二場のバレエ団は、まあ普通でした。まああそこで合唱隊かバレエ団かですこし豪華さは変わりますからねえ。

しかしここでのヴィオレッタの「赤」の衣装は後ろが丸く2段になっていてああいうの着たらどんな感じになるのかな?と
思いました。あれはきれいだった。そして、パパジェルモンは身長でも強く、登場でも目立っていた。
アンブロージョ・マエストリはいいバリトンだと思いました。

そのほかの会に参加した人の衣装はそうでもなかったので、ヴィオレッタ、一人を目立たせる衣装なんでしょうねえ。

そして白眉の第三幕。これは良かったです。
ヴィオレッタが歩くのは少しおかしいと思うけど、抱き合いながら崩れていくさまは絵になっていたと思います。
第三幕は難しいと思うけど、とても良かったです。

ここにきて、今回、行った甲斐があったと思いました。

さらにカーテンコール。とても和気あいあいとしたもので、
どこまでも近くにまで来てくれましたねえ。
あんなカーテンコールは珍しい。

一応、観ないで否定する人を私は否定しておきます。気になったら行くべきかと。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://yokohama.areablog.jp/blog/1000002616/p11774592c.html
映画、演劇、コンサート | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
久しぶりに「愛のトーク」を聞いた
ベイスターズ:中日との2連戦、重要ですねえ
個別連絡:来月転勤の人
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
エアリエルイメージ
エアリエル
プロフィール
お店関係の出来事や情報について
時事、ニュースを含めてまとめます
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 31 817527
コメント 0 109
お気に入り 0 2

お気に入りリスト

おすすめリンク


劇団ひまわり

トリコロールタウンナビ
横浜F・マリノスを応援する
サポートショップ紹介サイト
「トリコロールタウンナビ」!