秘湯とは

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://yokohama.areablog.jp/lprblom0139y

遠隔コミュニケーションの現状と課題

遠くに離れている人とコミュニケーションをとる有効な手段は電話でした。これを使えば、顔は合さなくても、言葉と音声で意思の疎通を図ることができます。


しかし、近年は、インターネットやその媒体であるコンピューターの性能向上にともなって、情報処理能力や速度が飛躍的に向上し、パソコン、スマートフォン、タブレットなどを使って、映像と音声を通じて、いつでも、どこでも、遠隔地にいる相手とコミュニケーションを取ることが可能となりました。


また、テレビ会議システムを使えば、わざわざ、遠くに出張しなくても、複数の関係者が一堂に会して会議を行うことが可能です。


しかし、いくら高画質の映像や音響効果を駆使して臨場感を出そうとしても、現実顔を合わせて行うface to faceの会議には及びません。


モニターに映されるのは、カメラが捉えることのできる範囲内であり、それ以外の場所を映すことは出来ませんし、近くにいる人は大きく映りますが、離れた席にいる人は小さく映ってしまい、その顔の表情すら見分けることはできません。


このように、遠隔コミュニケーションは、どんなに最新の技術を駆使しても、遠隔地にいる人と、現実に同じ部屋にいるような感覚である「同室感」をもたらすことは大変むつかしいものなのです。


現在、様々なタイプの遠隔コミュニケーション支援ロボットが開発され、医療や介護、公共施設の現場でも活躍しておりますが、同室感の実現にはほど遠いものがあり、遠隔コミュニケーションにおける同室感をいかに高めるかが、依然として大きな課題となっております。


紙おむつに求められる機能


遠隔コミュニケーション

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://yokohama.areablog.jp/blog/1000075741/p11604372c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
出産を機に妻が退職したらどうする?
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
秘湯について解説
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 781
コメント 0 1
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[横浜] 鶴見分区園

最新のコメント

おすすめリンク


劇団ひまわり

トリコロールタウンナビ
横浜F・マリノスを応援する
サポートショップ紹介サイト
「トリコロールタウンナビ」!