日向香に包まれて・・・

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://yokohama.areablog.jp/hirorin0413

ハマ弁

わが日の本は島国よ (わがひのもとはしまぐによ)
朝日かがよう海に (あさひかがよううみに)
連りそばだつ島々なれば (つらなりそばだつしまじまなれば)
あらゆる国より舟こそ通え (あらゆるくによりふねこそかよえ)


されば港の数多かれど (さればみなとのかずおおかれど)
この横浜にまさるあらめや (このよこはまにまさるあらめや)
むかし思えば とま屋の煙 (むかしおもえばとまやのけむり)
ちらりほらりと立てりしところ (ちらりほらりとたてりしところ)


今はもも舟もも千舟 (いまはももふねももちふね)
泊るところぞ見よや (とまるところぞみよや)
果なく栄えて行くらんみ代を (はてなくさかえてゆくらんみよを)
飾る宝も入りくる港 (かざるたからもいりくるみなと)

横浜市民なら一度は聞いたことある市歌です。

話し変わって明治22年山形県鶴岡で始まった給食制度。

横浜の公立中学校での給食の問題が本日のテーマ。

現在公立中学校では自弁・業者食・ハマ弁の3種類の給食方式が行われているそうです。本日問題にしたいのが「ハマ弁」なる給食使用率1.7%しかないそうです。担当給食業者には一食2984円支払われています。内2644円が税金で賄われているそうです。

従って本人負担は340円 でも使用率は1.7%何故?システムに問題が。ネットで7日前に予約しなくてはならない。更に「美味しくない」との生徒の意見。

それなのに未だに税金の無駄使いしてこの制度を後二年続けるのでしょう?私見ではハマ弁の業者さん天下り先の確保?なのかな〜

市井にはお弁当屋さん溢れ返っている。だから各中学校個別に契約して給食に対応すれば問題なし。地域の活性化にもなるのに。

行政は時として市民感情と乖離した事をしがち。いち早く文明開化した我が街横浜.市歌にあるように「されば港の数多かれど この横浜にまさるあらめや」な行政に心がけて欲しいものです。 






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://yokohama.areablog.jp/blog/1000021507/p11744336c.html
日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
けつあつが〜
世の中カオス
夢を信じて
このブログトップページへ
Hiro0413イメージ
Hiro0413
プロフィール
日向香(ひなたか)の意味は日常正確の中において与えられた自然の恵み。日本人としての繊細な感覚を大事にして世の中に起こるすべての事象を感じてみたい。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 32 257629
コメント 0 157
お気に入り 0 6

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


劇団ひまわり

トリコロールタウンナビ
横浜F・マリノスを応援する
サポートショップ紹介サイト
「トリコロールタウンナビ」!