日向香に包まれて・・・

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://yokohama.areablog.jp/hirorin0413

メルヘン街道へ

極貧老人昨日は奥蓼科と佐久稲穂へ暫しの安らぎの日帰りの旅に出ていました。

お金持ちや大企業が別荘を作る訳が判ったように思います。気温が高くなっても「汗」をかかず快適な環境が整っていました。兎に角快適の一言。

まずは東山画伯が描いた御射鹿池・酸性の池に苔が繁茂し、幻想的な情景が現出していた。その後移動して白駒の池・苔の森へ到着した時間が早かったのか最初人はまばら。山を降りてくるとバス旅行の人達に多数遭遇。何故かカメラを持った女性が目立つ。マイホビーとして「苔」が密かにブームのようです。チョット遅めになった昼食は小津安二郎の仕事場であった無芸荘そばにあるお蕎麦さん「黙坊」で基本おそばは美味しいでもこの店個人的には好きじゃない。上から目線が出すぎている。小津さんのよく行っていたらしいのですが・・・

4時過ぎなのでそろそろ帰路に。帰り道に蓼科湖前にある清光寺で御朱印を頂いて諏訪南インターから乗ってなんとかその日のうちに帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国の見えない日本侵略がこの地にも進行しているようです。水を汲んだ大清水でも反対の看板が出来ていました。蓼科の綺麗な空気と水を狙っていて中国村を建設しようとしている。ここの住民は意識が高く見抜いているのでしょう。お花畑の北海道とは違うようです。

 

 

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://yokohama.areablog.jp/blog/1000021507/p11651608c.html
日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
意見広告
8.9奥ドル
ドンナ大義?
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
Hiro0413イメージ
Hiro0413
プロフィール
日向香(ひなたか)の意味は日常正確の中において与えられた自然の恵み。日本人としての繊細な感覚を大事にして世の中に起こるすべての事象を感じてみたい。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 24 238765
コメント 0 150
お気に入り 0 7

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


劇団ひまわり

トリコロールタウンナビ
横浜F・マリノスを応援する
サポートショップ紹介サイト
「トリコロールタウンナビ」!